一般カードよりも上位のゴールドカードにはさまざまなサービスや特典が用意されています。年会費が高額になりますが負担を補って余りあるだけのメリットがあることからクレジットカードを積極的に利用する人ほどゴールドカードの所有率は高くなります。
同じゴールドカードでもカード会社によってサービスや特典は異なります。今回は、各社のゴールドカードを比較してわかった最もお得なゴールドカードを項目別に紹介します。

ポイント還元率で選ぶなら

クレジットカード選びで重要なのがポイント還元率です。使えば使うほどお得になるポイント還元率はヘビーユーザーほど重要な条件となります。一般カードの場合は0.5~1%程度の還元率ですがゴールドカードになるとさらに高い還元率が用意されています。
ポイント還元率でゴールドカードを比較する場合、利用スタイルによって最強カードが変わります。ゴールドカードのポイント還元率は特定の商品やサービスに対してアップすることが多く、該当する決済対象の利用頻度によって選ぶべきカードが異なるので自分にあった一枚を選ぶことが重要です。
ドコモユーザーなら「dカード GOLD」がオススメです。ドコモの携帯電話料金支払額の10%がポイント還元されるので非常にお得です。10%という還元率は他のカードではありません。このためだけにMNPでドコモに乗り換えてもいいほど大きな魅力です。
「MileagePlusセゾンゴールドカード」は1000円につき15マイルが還元されます。金額に換算すると感げん率は約2.25%でゴールドカードの中でもトップクラスです。年間75000マイルまでという上限が設定されていますが決済金額に換算すれば500万円なので十分な金額です。特定の対象ではなく幅広くポイントを稼ぎたいならオススメのカードです。
デパート利用が多いなら「MICARD+ GOLD」がお得です。三越または伊勢丹での3000円以上の決済が5~10%還元になるのでお中元やお歳暮をデパートでまとめて購入している人などはとてもお得です。

年会費で選ぶなら

ゴールドカードと一般カードの大きな違いが年会費です。一般カードでも年会費がかかるカードもありますが多くのカードは無料もしくは指定回数や指定金額の利用で無料になるなど年会費ゼロで利用できるカードはたくさんあります。それに対しゴールドカードは年会費がかかります。金額はカード会社ごとに異なります。サービスや特典が盛りだくさんでも年会費が高額だと殆ど特にならないこともあるので注意しましょう。
年会費で選ぶなら「楽天ゴールドカード」がお得です。ゴールドカードの年会費は場が1~2万円ですが楽天ゴールドカードの年会費はたったの2000円です。月々たった170円弱でゴールドカードが持てるのは楽天以外にありません。国内旅行保険がないなど制約はあるものの楽天市場でのポイント5%還元などお得なサービスもあり格安の年会費ながら実用性の高いカードです。

付帯保険で選ぶなら

クレジットカードには決済に対して自動的に適用される保険サービスが付帯しています。不正利用による被害を補償してくれる盗難保険など一般カードにも用意されている保険とは別にゴールドカードならではの付帯保険はメリットが大きく、保険目当てでカードを選ぶ人も少なくありません。
充実した付帯保険で選ぶなら「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」がオススメです。自動付帯の旅行保険は海外、国内ともに最高5000万円まで保証されます。購入後120日間、年間最高100万円まで補償されるショッピング安心保険はカード決済してショッピングのほぼ全てが補償対象です。補償金額、補償内容ともにゴールドカードの中でもトップクラスの充実度で、個別に保険料を支払って保険加入するよりもセゾンゴールドの付帯保険のほうが充実度が上だという評価も納得です。

同じゴールドカードでも発行元のカード会社の違いよってそれぞれサービスや年会費は異なります。
すべての条件を満たす完璧なゴールドカードはありません。重要なのは自分自身の要望やカードの使い方にあっているかどうかです。利用頻度や使う場所、期待するサービスによって人それぞれ最適なゴールドカードは変わります。各ゴールドカードを比較検討し自分にあったピッタリの一枚を選んでください。