ネットショッピングや買い物を快適に便利に楽しむために、クレジットカードを作りたいけれど、カードランクをどうすれば良いか頭を悩ませる人もいるでしょう。

クレジットカードには、一般カードとゴールドカード、プラチナ・クレジットと複数のランクがあります。

ランクによって何が変わるのか、これからカードを作るのであればどのランクを選んでおけば良いか迷った時は、メリットやデメリットについて考えてみると良いでしょう。

カードランクによって何がお得になるのか、どんなサービスを受けられるかなどを簡単に説明していきましょう。

カードランクで変わること

一般カードとゴールド・プラチナなどのカードの大きな違いは、年会費の金額や利用限度額などです。

年会費に関しては、一般カードは無料もしくは数千円程度となっているのに対し、ゴールドカードは1万円以上必要となることが殆どです。

ブラックカードになると数十万円の年会費が必要となることも少なくありません。

カードランクによって年会費が上がることになりますが、利用限度額やポイントの還元率が高く設定されているため、よりお得にカードを使うことができます。

ネットショッピングをする機会が多い、カード払いを活用したいと考えているのであれば、一般カードではなくゴールドカードを選んでおくと良いでしょう。

ゴールドカードは特別なカードというイメージがありますが、年齢や勤続年数などの条件を満たしていれば誰でも気軽に申し込み可能です。

ゴールドカードの魅力

ゴールドカードを選ぶメリットは、一般カードと比べて特典が増えることです。

例えば、ゴールドカードがあればそれだけで、フライトまでの時間をゆったりと過ごすことができる空港ラウンジを使うことができます。

空港ラウンジは、フリードリンクや無料Wi-Fiなど快適に過ごすための環境が整っています。

旅行が好きという人や、飛行機を使って出張に行くことが多いという人は、空港ラウンジが使えるゴールドカードを選んでおくと良いでしょう。

さらに、ゴールドカードは最初から海外旅行損害保険が付いている上に、その内容も一般カードよりも条件が良いものとなっています。

そのため、海外旅行や出張に行く機会が多いという人も、ゴールドカードを作ることを検討しておいて損がありません。

ゴールドカードを比較検討するポイント

ゴールドカードを作りたいけれど、どのカードを選べば良いか分からないと迷った時は、付帯しているサービス内容を比較検討してみると良いでしょう。

サービス内容の詳細は、カードによって様々です。

ETCや空港ラウンジの利用、海外旅行損害保険などはほぼすべてのカードに付帯されていると考えておいて良いでしょう。

それ以外にも、ゴールドカードの中にはホテルやレストランなど様々な場所で割引を受けられるなどの、特典が付いたカードもあります。

普段から利用をする機会が多いホテルやレストランで割引を受けられるなど、ライフスタイルに合わせたカードを選べば、ゴールドカードならではの特典を実感しやすくなるでしょう。

そのため、ただゴールドカードを作るのではなく、お得にカードを使いたいという場合は、特典を受けられる機会が多いカードを選んでおくと良いでしょう。

クレジットカードの中には、一般カードやゴールドカードなど、いくつかのランクがあります。

ランクに応じて年会費も上がることになりますが、その分利用限度額が増えたりポイント還元率が高くなったりするなどの特典を受けることができます。

それ以外にも、空港ラウンジが利用できるなど様々な特典が付与されることになるため、より便利に快適に使えるカードを作りたいという場合は、ゴールドカードを選んでおくと良いでしょう。