クレジットカードの会社と言うと、VISAやマスターカード、JCBなどの国際ブランドが通常、頭に浮かんでくると思います。

しかし、エポスカードなどクレジットカード発行会社や加盟店管理会社も含まれているのです。

同じ「クレジットカード会社」といっても、様々な会社があり、それぞれ形態なども異なります。

そのため、その分自分に1番合うクレジットカードを見つけることができるということです。

これからクレジットカードを作ってみたいと思っている人、すでにクレジットカード持っている人、どちらにとっても参考になる内容なはずです。

どんな種類の会社があるの?

クレジットカード会社には大きく分けて下記の3つの種類の会社があります。

国際ブランド会社、クレジットカード発行会社、加盟店管理会社の3つに分けられます。

1番耳にするVISAやJCBといった世界に対して決済の持った機能を提供しているブランドのことを国際ブランドといいます。

国際ブランドの役割は、決済の機能を世界中に提供することです。

世界中に決済機能網を広げることは簡単なことではないです。

そのため、世界中から決済機能を持っている会社の決済システムを借りてるのです。

このような会社が国際ブランドです。

次にクレジットカード発行会社です。

実際にクレジットカードを発行する会社のことをイシュアと呼びます。

彼らの役割は会員の管理です。

例えば利用ごとにポイントや特典を付与すること、旅行保険など様々な保険を提供することなどです。

入会手続きや作成するにあたる審査も役割の一つです。

次は加盟店管理会社です。

加盟店管理会社は「アクワイアラ」と呼ばれています。

主な業務としてクレジットカードの加盟店の新規開拓や既存加盟店を管理しています。

加盟店から売上データを受け取り、そのデータをクレジットカード発行会社に渡します。

そして売り上げ代金をクレジットカード発行会社から徴収し、それを加盟店に受け渡します。

それぞれの違いは何?

国際ブランドは決済できる店舗がことなります。

JCBのみ所持している場合、海外旅行中に使用しようとしてVISAかマスターカードしか使えないと言われてしまうこともあります。

また、クレジットカード会社によって締め日や支払日が異なってきます。

月末締め翌月末払いというところもあれば、15日締め翌月5日払いというところもあります。

複数所持する場合には、そのあたりの管理を気をつけるべきです。

また、ポイント還元率も異なります。

ポイント還元率が0.5%であったり2%のものもあります。

ポイントをためることを重視している方はここに注目すべきです。

そして加盟店によって手数料もそれぞれ異なります。

その他にも基本的なことですが年会費、付与される保険の種類なども異なります。

上記で述べた通りクレジットカードには様々な特徴がございます。

海外の旅行をよくするからマイルがたまったり、海外で使えるち良い。

自分が買い物するお店のポイント還元率が良くてお得。

自分のステータスの証明になるようなカードが欲しい。

など人それぞれカードに求める物は異なると思います。

クレジットカードを1枚に絞り込むのではなく、複数枚持って必要に応じて使い分けるという方法も良い選択かと思われます。

今回の記事でなんとなく有名な会社のクレジットカードを持っておけば良いのでは、という考えから自分にとって得になるようなクレジットカードを作成しようという気持ちになったんではないでしょうか。

それぞれの自分のライフスタイルを思い返して考慮して自分に合ったクレジットカード選びをしてください。

きっと生活がより豊かになるはずです。

キャッシング機能で発生する金利ってカード会社によって違うの?

金利について・金利額の計算方法・クレジットカード会社の金利比較・キャッシングを利用するメリットを紹介しています。

借りるお金や返すお金についてよく知らずにキャッシングを利用するのは怖いですよね。

そんな方のためにキャッシングの金利について分かりやすく紹介しています。

これを機に自分に合ったクレジットカード会社を見つけましょう。

みなさんはクレジットカードのキャッシング機能についてどの位知っていますか?

また、キャッシングを利用すると“金利“が発生するということはご存知でしょうか。

この記事ではクレジットカードのキャッシング機能についてはもちろん、キャッシングを利用することで発生する金利について詳しくご紹介しています。

一般的によく利用されているクレジットカード会社の金利も比較しているので、これからキャッシングを利用したいと考えている方はもちろんキャッシングの利用をしたことがある方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.クレジットカードの金利とは?事前に金利額は分かる?

クレジットカードには“キャッシング“という機能があり、一括での支払いであれば金利はかからないのですが、キャッシング枠での支払いにすると必ず金利が発生します。

金利というのは返済額にプラスされるお金のことを言い、使用した金額よりも多く返済しなければならいというシステムになっています。

そもそもキャッシングというのは、クレジットカードを使って現金を引き出せる機能のことです。

大体のクレジットカード会社が利用額に対して15%~18%の金利を受け取っています。

金利は実際に借り入れした金額にプラスされるため当たり前のことながら返済額が借りた金額よりも大きくなります。

そのため計画的にキャッシングを利用しても「こんなに返済しなくちゃいけないの…!?」とビックリする方が結構居ます。

そうならないためにも事前に返済額がなんとなく分かるように計算することが大切です。

金利から利息を計算する方法はとても簡単で、借入した金額に金利をかけます。

そして365日で割り、1ケ月の日数をかけることで支払わなくてはいけないなんとなくの金利額が事前に分かります。

例としてあげると、金利が17%のクレジットカード会社で10万円をキャッシングした場合はこうなります。

“10万円×17.0%÷365日×30日=1397円“です。

金利が17%のクレジットカード会社で10万円をキャッシングしたら金利による利息は1397円となり、101397円の返済額になるということです。

2.クレジットカード会社の金利を比較

一般的によく利用されているクレジットカード会社の金利を比較しました。

・楽天カード18%
・イオンカード7.8%~18.0%
・dカード18.00%
・セゾンカード12.0%~18.0%
・JALカード14.95%~17.95%
・三井住友カード15.00%~18.00%
・JCBカード15.00%~18.00%
・ライフカード15.00%~18.00%

クレジットカードのキャッシングにおける金利は貸付額が10万円未満の場合金利は20%、100万円未満の場合金利は18%、100万円以上の場合金利は15%と法律で定められています。

そのため金利だけを比較するとどのクレジットカード会社もさほど変わりません。

金利のパーセンテージだけで借入先を決めるのではなく、限度額やクレジットカード発行のスピードなども含めて検討することをオススメします。

3.キャッシングを利用するメリットは?

キャッシングを利用すると使用した金額よりも多く返済しなくてはならないため利用する上でのメリットがないように感じますが、実は3つもメリットが存在しています。

1つ目は“すぐに融資が受けられる“です。

クレジットカードのキャッシングサービスは融資を受けるスピードが他の方法に比べて圧倒的に早いのです。

クレジットカードがキャッシング枠に申し込んであればコンビニのATMから簡単に現金を受け取ることができます。

利用方法はこちらです。

①ATMで“引き出し“を選択
②クレジットカードを挿入
③暗証番号の入力
④“借り入れ“を選択
⑤返済方法を指定
⑥借り入れ金額の入力
⑦現金の受け取り

たった7ステップで自宅近くのATMから現金を受け取れます。

急に現金が必要になった時にすぐに融資が受けられるのはありがたいですよね。

2つ目は“追加審査が不要“です。

クレジットカードに付帯されているキャッシング機能はクレジットカードを発行する時に審査に通っているため追加の審査なくキャッシングを利用することができます。

なので、初めてキャッシングを利用する際でも面倒な手続き等をせずに利用が可能です。

3つ目は“海外でも利用できる“です。

クレジットカードのキャッシング機能は海外でも利用できるため、海外で高額な現金を持ち歩く必要もなければ、銀行や両替よりも為替ルートもお得になります。

海外に滞在している方はもちろん海外に行く機会が多い方にとっては嬉しいメリットです。

いかがでしたでしょうか。

キャッシングについてよく知らなかった方からすると「使いやすそう」「消費者金融でお金を借りるより安全な気がする」と思ってもらえたかと思います。

また、キャッシングを何度か利用したことがある方からすると「金利額が事前に分かるなんて知らなかった」と思ってもらえたかと思います。

キャッシング額に対して発生する金利は正直どのクレジットカード会社も似たようなものです。

法律で定められれているパーセンテージによって比較をしたところで大きな違いは出ません。

なので、キャッシングを利用する際は自分に合ったクレジットカード会社を選んで利用することをオススメします。

無理のない返済のために、ご利用は計画的にしてくださいね。

クレジットカードの申し込みをする前に比較検討しておきたいポイント

クレジットカードを選ぶ時にこだわりたいポイントは、人によって異なるものです。

何を基準にカードを選べば良いか迷った時や、お得に使えるカードを選びたいという時は、還元率や手数料などに注目をしておくと良いでしょう。

自分に合ったカードを選んでおけば、ネットショッピングや普段の買い物など様々な場面で安心してカードを使うことができます。

ネットショッピングや普段の買い物を、より便利に快適に楽しみたいという場合に持っておきたいのが、クレジットカードです。

ただクレジットカードの選び方が分からないと頭を悩ませる人もいるでしょう。

そんな時は、望む形について考えてみると良いでしょう。

年会費の有無や還元率・利率、サービス内容などの情報を比較検討していけば、本当に使いやすいカードを見つけることができるでしょう。

そんなカード選びのポイントについて、簡単に説明していきましょう。

ポイント目当てであれば

クレジットカードの魅力は、使う度にポイントが貯まることです。

ただ、貯まるペースは業者が設定している還元率によって変わることになります。

還元率は年会費の有無によって変わることになりますが、年会費無料のカードでも1%以上の還元率を誇るカードも存在します。

さらに、年間の利用額が多い人であれば年会費無料でも還元率がアップするということも少なくありません。

そのため、年会費無料のカードの還元率は低いと決めつけず、1年間に使う金額などを念頭に置いて、自分に合ったカードを探してみると良いでしょう。

カード払いをする機会が多い人は、年会費が必要なカードを検討してみることも有効です。

高還元率のカードを選んでおけば、年会費を支払っても、それ以上にお得な状態となるでしょう。

手数料にも注目を

クレジットカードでの支払いを選ぶと、手数料がかかることがあります。

一括払いの場合は手数料がかかることはありませんが、分割払いやリボ払いを選んだ場合は手数料が発生します。

大きな買い物をする時は、分割払いやリボ払いを活用したいと考えているのであれば、申し込み前に手数料についても確認しておくと良いでしょう。

手数料は微々たるものと考える人もいますが、分割をする回数や支払いが終わるまでの期間によっては、想像以上に大きくのしかかってくることは少なくありません。

特に、注意が必要となるのがリボ払いです。

支払いが終わらないまま、買物を繰り返すと、いつまでも手数料を支払い続ける状態となることがあります。

そんな手数料は、1%違うだけでも大きな差となることが多いものです。

それだけに、クレジットカード申し込み前には、手数料の比較検討をしておくことがオススメです。

キャッシング機能を使いたい時は

クレジットカードの中には、困った時に現金を借りることができるキャッシング機能が搭載されたカードもあります。

キャッシング機能を使った場合に必要となるのが、金利です。

消費者金融と比べると金利は低く設定されているのではないかと、軽く考える人もいるでしょう。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠の金利は、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングと同等となっていることが殆どです。

そのため、軽い気持ちで利用をすると想定外の金利を支払わなければいけない状態となることがあります。

勿論、一括返済を利用するなど、返済の仕方を工夫すれば金利を低く抑えることが可能です。

ただ、キャッシング枠を使うということは、それだけお金に困った状況になっているということでしょう。

そんな時に安心してキャッシングをしたいのであれば、少しでも金利が低いカードを選んでおいて損がありません。

クレジットカードを選ぶ基準は人によって様々です。

ETCカードを使いたい、気軽に海外旅行を楽しみたいなどサービス面にこだわりたいという人もいるでしょう。

ただ、買物をメインに使いたい、お得に使えるカードを持ちたいという場合は、還元率や手数料・金利などに注目をしておくと良いでしょう。

中でも、手数料や金利というのは想像以上に重くのしかかってくることもあるものです。

それだけに、申し込み前には細かいこともしっかりと確認しておくことがオススメです。

>>最短5分スピード振込【ナンバーワンクレジット】はコチラ